オススメの無料路線検索は☆infoseek乗換案内☆
すぐに時刻表を調べたい方はinfoseek乗換案内にGO!
Google

エキスパートへの道カテゴリの記事一覧

エキスパートとダイヤ改正

ダイヤ改正が近いですね。
会社にあるエキスパートは当然アップデートは済んでいますが、ここから微妙に心配なのが社員から上がってくる出張申請書。

どうせネットの路線検索で適当に調べて出してくるんだろうなぁ……

値段は変わらないとはいえ、時刻表が変わっているんですよ。
時刻表が変われば間に合うルートも違ってくるんですよ。
可能性の1つは出張先での遅刻ラッシュ。
可能性の1つは間に合わないから、とあえて高いルートでの申請。

悪気は全くないとは思うのですがね。
仕方ない、エキスパート使って経理でルートと経費を出して渡すか、と。

当然今までも出張申請書はエキスパートを使って経理で内容を確認し、間違っている場合は連絡を入れていましたが、それは甘やかしだったのかも知れません。
「どうせ間違っていても経理でエキスパート使うから大丈夫」という感覚が蔓延気味。

個別に電話で「そっちのエキスパートでルートと時刻表と費用を教えてくれ」とか連絡されてもとても対応していられませんけれど、経理ではエキスパートを使っている、ちょっとエキスパートを使わせてもらおう、くらいは思ってほしいところです。。。


さて、社員に伝えたいことをここに書いても仕方がないとはいえ、他の人も気をつけたほうがよいこととして、この時期のインターネットでの無料路線検索の利用について。

エキスパートなどライセンスをしっかり購入している時刻表ソフトであれば、時刻表ダイヤ改正の更新通知やアップデート通知などでダイヤ改正の時期や改正後のダイヤに適応しているかどうかわかりますが、インターネットで無料で提供されている路線検索についてはどこまで対応が済んでいるかチェックしてから利用する必要があります。そのページのどこかに「更新情報」など載っていませんか?載っていればOKです。

そうでない場合も比較的簡単。
ダイヤの改正日をはさんで前後で同じ条件で検索してみましょう。
今回であれば確実にダイヤの変わっている路線は何か?を調べ、その路線をターゲットにした路線検索を行います。
出てきた結果がダイヤ改正に対応していれば、その路線検索は使っても大丈夫ということですね。

ダイヤ改正という点での「エキスパートを使わないエキスパート」への道はこれだけ。エキスパートを使っていれば何ということもないことですが、インターネットでの無料路線検索ですませようと思うのであれば知っておいて損はありません。

まだまだ「エキスパートを使わないエキスパート」への道は遠く、注意ポイントはあるのですが、その辺はまた今度<(_ _)>

エキスパートとYahoo!路線検索

エキスパートが重宝する時期になりました。
電車時刻表のニーズが高まっています。
そして今日の話題も社員から上がってくる出張申請書の愚痴です。


今日も一体何件の出張申請書で金額が間違っていたことか!
本当にエキスパートにはお世話になっています。エキスパート様々です。
電車時刻表としてよりも、料金検索で活用させていただいています。


社員はみんな全く悪気はないんですよ。
余分に申請して懐に入れようなんてことは思ってはいません。
ただ、みんながみんな揃いも揃って「Yahoo!路線検索」の愛用者
であるということがよくわかりました。


Yahoo!路線検索」は、選択の余地なく指定席料金を返してきます。
うちは社員の出張では、余程のことがない限り指定席料金は出しません。


今週末は8人の社員が出張予定で、立て続けに7通の出張申請書が
提出されました。
その中の6人までが謎の指定席料金を書いてきたのですね。


私:A君、これ金額が違うよ
A:そんなはずはありません。Yahoo!の検索で調べましたから


このやりとりを6回。さすがに疲れました。
出発時間によって乗り継ぎが違うからだの、高い時期だからだのと思いつきで
反論されたあげく、Yahoo!の路線検索は指定席料金で表示されることを
指摘すると「そんなこと最初から教えてくれないと」などとたわごとを・・・・・・


電車時刻表をインターネットで検索するのは大いに結構ですが、それくらい
だったら経理のパソコンに入っているエキスパートを使ってほしいところ。


総合リンク集 Link Station
経営
インターネットサイト集 CRANE
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。